第七回 越後与板打刃物職人祭&ミニ削ろう会

第七回 越後与板打刃物職人祭&ミニ削ろう会


6月10日(土)は、与板地域内の鍛冶工場などをまわる「かじや工房めぐり」や「鉋仕立て講座」開催。

6月11日(日)は、職人が伝統と確かな技術を披露する実演コーナーなど、打刃物の魅力と素晴らしさを全て見せます。
※受付が必要な催しもありますので、詳しくは主催者にお問い合わせください。 続きを読む

第32回削ろう会開催 5月14・15日

削ろう会

大工にとって最も基本的で、かつ最高の技術を求められる道具がカンナ。
1997年、名古屋市の宮大工と鍛冶(かじ)職人が「カンナでどれくらい薄く削れるだろうか」と、遊び心で大会の開催を呼びかけた。
賛同した大工や職人約50人が全国から集まり、腕を競い合ったのが「削ろう会」の始まりだ。
続きを読む